HOME
災害対策
予算を決める
住宅ローン
現地見学

投資目的でマンションを購入するときには適用されない

自治体によっては、マンションを購入するときに助成制度を利用できる場合があります。マンションを購入するときに一定の金額を助成してくれるサービスもありますし、そのほかには融資の斡旋を行ってくれることもあります。
ローンを組むときの利息を補填してくれるものもあります。このようなサービスが提供されていれば、ぜひ利用したいものです。
賃貸マンションでも助成を受けることができる場合があります。目的は定住を促進していることだといえるでしょう。子育て世代を中心に助成を行っていることもあります。
また、高齢者や障がい者に対して助成を行っていることもあります。
家賃に対して一定額や一定割合を助成してくれるということですから、生活を送るのが困難だという人の場合にはこのような制度のある自治体を捜してみるのも良い方法だと考えられるのです。
自治体の助成を受けるためには住民登録をしているか、あるいは住民登録をする予定であるということが必要となるのが一般的です。投資目的でマンションを購入するときには適用されないのが一般的です。
また、住民税の納税をきちんと行っていることが必要となるのが一般的です。
助成を受けるためには事前に申請をしなければならない場合が多いですから、マンションを購入する予定があるのであれば、決まった段階でその地域の自治体に相談してみるべきでしょう。
自治体に問い合わせて関連部署を案内してもらい、早めに相談をしましょう。

  賃貸物件データベース All Rights Reserved.